オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

アレルギー

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

アレルギー性皮膚炎が増えています

アレルギーとは免疫系が正常でない状態になることです。体に病原体や異物が侵入したり、体内に異常な細胞があったときそれを破壊したり防御する反応を免疫系が果たしています。この免疫機能に異常が生じた場合、自分自身を必要以上に攻撃してしまったり、正常な細胞も破壊するということになります。

その結果皮膚などに症状が現れる病気をアレルギーと言います。また、アレルギーを引き起こす原因の物質を抗原と呼びます。近年、花粉症や気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患が急激に増えています。その原因として、科学物質による大気汚染、食べ物、ストレス等があります。犬や猫でも人と同じで、3割以上は何らかのアレルギーを持っています。

アレルギーは、その原因となる物質(抗原)が体内に侵入すると2回めの侵入をさせないために免疫細胞の命令で抗体ができます。抗体は侵入した物質(抗原)を認識し、再度侵入したときは攻撃し排除します。特にIgE(免疫グロブリンE)という抗体はヒスタミンなどの化学物質を持つ肥満細胞と結合します。

物質(抗原)が侵入し肥満細胞と結合しているIgE抗体に結合することで肥満細胞はヒスタミンやプロスタグランジンなどの刺激的化学物質を放出します。そのため強いアレルギー反応を起こすことになります。アレルギーが皮膚などに現れることが多いのは、肥満細胞が集中しているからです。

アレルギーの原因

アレルギーの原因となるアレルゲンは生活環境に常に存在するものです。アレルギー反応を引き起こさないようにするには、アレルギーの原因を特定し、なるべく原因から避けることと、反応が出たら早めに病院で治療を受けることです。特に、アナフィラキシーショックがおこった場合、命にかかわることもあります。このときは直ちに病院に行ってください。

衣類など ペットのベッドや衣類、家具、クッションなどの素材に対するアレルギー

 

食べ物 フードに含まれる穀類、肉類、大豆や魚類、野菜などほとんどの食物がアレルギーの原因です。食べたものが消化管粘膜でアレルギー反応を起こします。このときもIgh抗体と結合した肥満細胞が化学物質を放出し消化管に影響を与えます。その結果消化管の壁が収縮し嘔吐や下痢を起こします。また、血管に入り体内に循環すると顔などにジンマシンが現れます。動物用のほとんどのフードに肉類や米、大豆、トウモロコシ、麦類、野菜、魚などのいずれかが含まれています。この食物にアレルギー反応を起こす子がいるのです。
花粉 人と同じで草木、雑草などの花粉が飛散し吸入することで起こります。花粉の場合、アレルギーになるのは草木が大量に花粉を放出する時期に重なります。花の花粉は重いので地面に比較的早く落ちますが草(ライムギ・クサヨシなど)や雑草(ブタクサ・ヨモギ・アザミなど)、樹木(杉・ヒノキなど)の花粉は軽く、風で遠くまで運ばれます。TVの花粉予想でスギ花粉が飛散しているのをご覧になったことがあると思います。
ほとんどの犬は花粉症というものはありません。しかしアレルギーは別です。犬の場合は皮膚の痒みとして出ることが多いのです。花粉の飛散が多い時期は外出はできるだけ避けましょう。
カビ・真菌 さまざまな種類のカビが原因となります。
ハウスダスト・ダニ 主にイエダニと呼ばれるチリダニの死骸や糞を吸引することで起こります。ハウスダストにはホコリやゴミなどの他、イエダニと呼ばれるダニの死骸やフンも存在しています。そして、このダニは最もアレルギーの原因となっています。ハウスダストを極力減らすことです。特にダニは繁殖させないよう、ダニが好む高温多湿を避け、湿度を低く(40~60%以下)するようにします。室内の掃除はまず家具などのホコリを床に落とし、丁寧に掃除機を掛けます。フィルターの掃除はこまめに行いましょう。掃除機は床だけでなくカーテンや布団、ソファなども掛けます。布団に掛ける場合、専用のノズルが販売されていますので利用されるといいでしょう。
ノミなど ノミに吸血されたときに体内に入るノミの唾液がアレルゲンとなっています。また、排泄物、ノミの死骸を吸入することでアレルゲンとなります。
他の害虫(ゴキブリや蚊など)の死骸や排泄物がハウスダストとして吸入されます。
その他 猫の毛、犬の毛、羽毛、タバコの煙、黄色ブドウ球菌なども原因になります。

アレルギー検査【SPOT TEST】 SPECTRUM LAB JAPAN

アイン動物病院では、SPECTRUM LAB JAPANの【SPOT TEST】を行っています。テストには“スキンテスト”と“血液検査”がありますが、アイン動物病院では、少量の血液採取で判定できる方法を取り入れています。

結果が出るまで、約2週間お待ちいただきますが、動物にストレスを与えずに検査ができるのでお勧めです。 健康診断の際に、一度受けてみてはいかがですか。

アレルギーと診断されたら

アレルギーの治療には食事、薬、生活環境など

アナフィラキシーショック

IgEにより引起こされるとても強いアレルギー反応です。肥満細胞から放出される化学物質だけでなく他の白血球からも物質が放出され呼吸困難を起こすほどの激しい反応です。消化管などの筋肉が強く収縮するため嘔吐し排泄がコントロールできなくなったりします。
また、虚脱状態から昏睡になることもあります。げっ歯類に咬まれたりしても起こすことがあります。

即時型1型アレルギーは体内に物質(抗原)が侵入して短時間で症状が現われます。一時的に重い症状ですが比較的早く回復します。主な症状は痒みや浮腫み、呼吸困難、などですが神経系や循環器系の場合は昏睡や脈拍などにも影響が出ます。

ページの先頭に戻る