オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

動物由来感染症

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

細菌性
動物由来感染症

第IV類感染症
発生・拡大を防止すべき感染症

ブルセラ症

原因

ブルセラ菌で人に感染するのは次の4種類です。B.abortus(牛型菌、バング菌)、B.melitensis(山羊型菌)、B.suis(豚型菌)、B.canis(犬型菌)。動物の飼主さんに特に注意していただきたいのはB.canis(犬型菌)の犬ブルセラ症です。犬に対して病原性が弱く、感染しても発症しないこともあります。人に対しては犬よりも弱いので感染して発症することはあまりありません。

感染

酪農家や獣医師など、動物と接触する機会の多い人は要注意

人への感染菌としては牛型菌が重要で、酪農家や獣医師など家畜と接触する機会の多い人に感染が集中しています。感染動物の乳や血液などが手などに付着し経口感染、経皮感染すると考えられます。雄の場合は精巣が汚染され精液から菌が検出されています。この菌は人に対しても強い感染力を持ちます。

症状

犬では流産、人では発熱などが

感染しても症状はほとんど出ません。妊娠している場合は50日前後で流産、死産を起こします。また、精巣が炎症を起こし繁殖できなくなります。

ヒトは発熱が長期間続くこともあり、悪寒、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛などを起こします。リンパ節の腫脹などが見られます。合併症として、関節炎、骨髄炎などです。嘔吐や体重減少、うつ状態になることもあります。

ページの先頭に戻る