オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

動物由来感染症

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

細菌性
動物由来感染症

第IV類感染症
発生・拡大を防止すべき感染症

レプトスピラ

原因

レブトスピラ(Leptospira interrogans)血清型(Canicola)レプトスピラは多くの血清型に分かれ動物によって固有の型があります。
人獣共通感染症として問題なのは
Icterohaemorrhagiae、Canicola、Autumnalis、Hebdomatis、Australes、Pyrogenesなどです。
この中でIcterohaemorrhagiaeはヒトが感染すると黄疸出血症の”ワイル病”を発症します。
レプトスピラ症は昔は風土病として恐れられていました。

感染

菌に感染された河川などの水、汚染された土壌で作業することで感染の確率が高くなります。日本では風土病といわれるくらい古くからある病気です。

感染ネズミの尿で汚染された土壌、水、食物などから経皮、経口感染します。感染の経路は主に汚染された水を飲んだり傷口などが水に接触するなど、特に洪水後の河川では感染するケースが多く注意が必要です。ペットについてもその感染経路は同じです。以前は水田での素足での作業による農業従事者の感染が一般的でしたが、近年ではアウトドアスポーツの流行でトライアスロンや水辺でのスポーツ愛好者に感染症例が増加しています。

感染リスクの高い職業は水田作業・土木工事・野外調査・畜産業・獣医師などです。

Canicolaは犬同士の直接感染です。

症状

犬では発熱や粘膜の出血が、人では発熱や筋肉痛などが。

犬への感染率は比較的高く、カニコーラに感染した犬は発熱、粘膜からの出血、潰瘍などが見られます。尿毒症を起こし死亡することもあります。
黄疸型でも出血が見られ死に至ることもあります。

人が黄疸出血症のワイル病に感染すると急な発熱、筋肉痛が見られます。続いて黄疸が出て重症になると肝臓や腎臓障害が見られ、皮下出血、結膜充血が見られるようになります。高熱と肝臓・腎臓からの出血で居棒することもあります。カニコーラに感染してもワイル病ほど重症にはなりません。

宮城県ではレプトスピラ症の発生状況を追跡調査し、1959年に822名(内死亡32名)で発症し大流行しましたが、その後は農作業も機械化され激減しています。1989年は1名発症、宮城県では1999年には3名(死亡1名)の発症例が報告されているほか、山形県や新潟県においては増加しているとの情報もあります。

予防

犬はカニコーラ型の自然宿主です。犬同士が接触する場所、多頭飼育では感染の危険があります。ペットを感染リスクの高い水辺に連れて行く場合は、ワクチン接種が必要です。農業従事者などは素足で作業をしないことです。

レプトスピラの蔓延している地域、過去に多発していた地域ではその感染リスクが高く、ワクチンの接種や徹底した消毒(レプトスピラ菌は熱・消毒剤に対する感受性は高いが、淡水中では長期間生存する)が望まれます。

ページの先頭に戻る