オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

ウサギ・モルモット・チンチラの飼い方

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

ウサギの分類と種類

すさぎは世界中に分布しています。現時の飼いウサギはヨーロッパアナウサギが原種とされています。
人間とウサギとの関係は古く2000年ほど前に食用として飼われていました。
始め地中海付近で飼われていましたが、繁殖力の強いウサギは食料や毛皮採取の目的で世界各地に広まっていき、日本には明治以降、戦争などで毛皮や食料として飼育が奨励されました。戦後は品種の改良が進み、家畜としてより実験用動物や一般家庭で愛玩動物として飼育されるようになりました。ウサギといえば、【白い毛に赤い目】というのが日本では一般的です。
これは日本で品種改良された日本白色種-ジャパニーズホワイトという品種のウサギで一般家庭でも家畜としてよくみかけられました。飼えなくなったウサギが野生化し、農地を荒らすので害獣としての扱いを受けている地域もあります。

分類表

ウサギ目 ナキウサギ科 ナキウサギ属
ウサギ科 アナウサギ属
ノウサギ属
アマミノクロウサギ属
スマトラウサギ属
ピグミーウサギ属
ワタオウサギ属
メキシコウサギ属
アラゲウサギ属
ブッシュマンウサギ属
アカウサギ属

ウサギ科は11の属があり、それぞれ習性や声帯も異なります。
飼いウサギはアナウサギ属の中のヨーロッパアナウサギが”ラビット”と呼ばれ、ノウサギは”ヘアー”と呼ばれています。

分類 ウサギ目ウサギ科アナウサギ属
原産地 ヨーロッパ南部と北アフリカ
体重 小型 1~2kg ~
大型 6~9kgまで
寿命 平均10~15年
習性 夜行性だが飼いウサギは昼活動
 

ウサギはげっ歯類と同じような特徴をもっていますが、ウサギ目として独立した種族です。
(分類については現在も議論しているようです。)
ウサギには大きく分けてナキウサギ科とウサギ科があります。ウサギ科とナキウサギ科の外見上異なるのは耳です。
ナキウサギ科のウサギは耳が小さく小型です。日本の天然記念物であるアマミノロウサギはムカシウサギ亜科という古代からほとんど進化のない姿をしていることでも有名です。

種類

 

ペットショップなどのウサギはアナウサギを改良したもので、ネザーランドドワーフのような小型からフレッシャジャイアントのような大型まで150種以上の品種があります。ミニウサギという種類はありませんが、雑種ウサギのことをミニウサギとして販売されているよです。ミニといっても成長すると中型くらいの大きさになるものがほとんどです。

ページの先頭に戻る