オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

熱射病・日射病

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

ペットの熱射病・日射病が増えています

犬はパンティングすることで体の熱を出し、体温を調整します。人間は発汗することで体温を調整しています。
もちろん犬にも汗腺はあります。但し、足の裏のパッドにだけです。
暑くなってくると口を開け、舌を出して苦しそうにあえいでいますが、これがパンティングです。でも、あまりに暑いとこれだけでは体温調整が上手くできず、体温が上昇して行きます。そのままにしておくと体温は危険な40℃を超えてしまいます。この状態になると熱射病になり、直ぐに体温を下げなくてはいけません。
日射病や熱射病は飼主の不注意による事故です。くれぐれも注意を怠らないようにしましょう。

熱射病にご注意

「ハアハア」とあえぐような呼吸をする ぼんやりとした症状(意識混濁) 心拍数の上昇 歯茎が赤くなり止血 体温が40.5度以上緊急事態

体温が上昇すると、血液の流れや体液(電解質)などに異常がおきます。重症になると、脳・腎臓機能・消化機系粘膜に異常をきたします。

重症になると 出血性の嘔吐や下痢 歯茎が蒼白になる 痙攣 尿が出ない 意識障害がおこる命にかかわります

昏睡状態、呼吸停止の症状が出ます。非常に危険な状態です。体温を低下させた後、直ちに心肺の蘇生が必要です。

もし、外出中に症状が出た場合は、まず風通しの良い涼しい場所に移動させます。コンクリートやアスファルトの上は日陰になっていても熱いことがあるので注意し、なるべくひんやりした床に寝かせます。冷水を含んだスポンジやタオルで顔(特に頭)の部分を冷やします。

お家では水風呂に浸したりシャワーを掛けて冷やします。その後、タオルを身体にかけその上から水を掛けましょう。とにかく早く体温を下げることが必用です。但し、氷を使用してはいけません。冷たすぎると毛細血管が収縮してしまいます。

飼主の責任です

このような事故は飼主が注意してください

飼われている動物にとって熱中症から守るのは、すべて飼主さんの危機管理に左右されます。
飼主さんと動物では大きさも違いますし自由も飼主によって制限されています。
飼主さんは汗をかいて体温を下げますがほとんどの動物は汗で体温調節することはありません。大抵は呼吸で行います。そのため温度が上昇すると熱い空気を吸うことになります。呼吸するたびに熱い空気を体内に取り込み危険な状態となります。

近頃は大型犬でも室内で飼う方が多くなっていますが、外で飼っている場合、犬の生活環境に直射日光が当たらないようにしましょう。風通しの良い木陰やハウスに直接日が当たらないようターフなどで日陰を作るのもいいでしょう。地面がコンクリートなら下からの熱もさえぎるようにすることが必要です。

室内で飼われている場合でも注意が必要です。ケージを置いてある部屋の環境は大丈夫ですか?直射日光に当たったり、熱がこもっていませんか?エアコンを掛けているからと安心しないでください。長期留守のとき停電などでエアコンがストップ、室内はサウナ状態ということもあるのです。

1.暑い日のお散歩は早朝か夕方に
日が昇ると気温がぐんぐん上昇します。それに伴い道路のアスファルトは熱くなり、散歩中の犬の肉球を痛めてしまいます。また、地面からの照り返しは飼い主が考えている以上の熱さです。炎天下での散歩や外出は裂けてください。朝か夕方、日が落ちた比較的涼しい時間帯に行くようにしましょう。夏場は水分補給も忘れずに、休息を取りながら行ってください。
2.車中に閉じ込めないで
ペットと一緒のドライブ、少しの時間と思って動物を車の中に残したままは、絶対にしないでください。エアコンを切った車中の温度はすぐに上昇します。木陰に止めてあるから大丈夫、窓を開けているから大丈夫と安心しないで。木陰はいつまでもありません。窓からの風も熱いのです。熱中症になってしまいます。
3.生活場所も考えて
いつもいる場所は直射日光が当たらないようにしてください。飼い主が留守の時は、エアコンを弱冷房にし、風が直接当たらないようにしたり、お家の中で涼しい場所に自由に行けたりするように工夫しましょう。市販のクールマットなどを利用されるのもいいです。
ページの先頭に戻る