オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

犬の飼い方

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

犬の食事と栄養

犬は肉食動物です。腐敗した肉も食べる肉食獣です。人と暮らす飼犬は人間の食べ物も食べますが栄養の面や消化の面で好ましいことではありません。健康のことを考えると犬には犬に相応しい食事を与えることが大切です。また、サプリメント剤の添加は健康な犬で良質なドライドッグフードを与えている場合、まったく必要ありません。むしろ特定の栄養素過多は栄養バランスを崩し有害になることがあります。
犬は肉食ですが肉だけの食事ではカルシウムとリンのバランスが悪くなります。良質なドライドッグフードにはエネルギー源としてタンパク質や脂肪のほか炭水化物も含まれます。その他にもビタミン類やミネラルだけでなく繊維も含まれています。いろいろなメーカーからたくさんの種類のドッグフードがでていますが、飼犬の年齢や体型、健康状態などから最も相応しいものを選んで与えるようにしましょう。
それには、犬が必要とする栄養について知る必要があります。
病気や高齢の犬に療法食を勧めるのは、それが犬にとって最も良い食事だからです。

犬の食事管理は飼い主様の大切な仕事です

犬は目の前にあるものはなんでも食べてしまいます。まるで、とてもお腹がすいていたように。犬は生まれつき、できるだけたくさん食べようとします。このような犬に食べるだけ与えていると、肥満になるのは分かりきったことです。“コロコロして可愛い!”と思うかも知れませんが、肥満は立派な病気です。

大切な家族のために、必要な栄養素とその働きを知っておきましょう。

タンパク質
ドッグフードのタンパク質はほとんど動物性ですが植物性タンパク質でも問題はありません。タンパク質からは犬が必要とする、すべてのアミノ酸が作られます。
脂肪
脂肪は最も効率の良いエネルギー源です。そして脂肪はビタミンが体内に吸収されるのを助けます。
ビタミン

ビタミン類にはビタミンAやビタミンEのように脂に溶けやすい脂溶性ビタミン、ビタミンCのように水に溶けやすい水溶性ビタミンがあります。

脂溶性ビタミン
A 皮膚や目を正常に保ちます。犬はビタミンAを作ることができます。しかし、ほとんどは食事から摂取しています。コッカースパニエルは必要なビタミンAを十分作ることができないので脂漏症になることがあります。その場合はサプリメント剤を与えることになります。
D カルシウムとリンの調整をします。皮膚でビタミンDを合成しますが良質なドッグフードには十分なビタミンDが含まれていますので以前のようにクル病になる犬はほとんどいなくなりました。
E 抗酸化剤として皮膚疾患などの症状に効果があります。ダックスフントの黒色表皮肥厚症に効果があるとされています。
K 血液を凝固させます。不足するとちょっとしたことで出血したり止まらなかったりします。
水溶性ビタミン
B群 チアミン、ナイアシン、パントテン酸、B6などがありほとんど腸で合成されます。抗生物質を与えている場合はサプリメントで補充する必要があります。
赤血球の生成に役立ちます。ジャイアトシュナウザーには遺伝的にビタミンB12を吸収できない場合があります。その場合は注射などで補充します。
葉酸 犬は腸内細菌が生成します。良質なドッグフードには十分含まれていますが循環器系や皮膚疾患のある犬には補充することで効果があるとされています。
C 犬は必要なビタミンCを体内で作ります。体にいいからと過剰に与えるとシュウ酸になり膀胱結石の原因となります。

ビタミンの種類は他にもあります。

ミネラル

ミネラルはカルシウム、リン、カリウム、亜鉛、銅、鉄やヨード等の総称です。
カルシウムとリンは1.2:1です。カルシウムが不足すると骨や関節の成長に障害がでます。また、妊娠中の過剰摂取は授乳期の子癇を起こす危険があります。長期間の過剰摂取は亜鉛欠乏症になり骨が変形することもあります。銅は肝臓に含まれています。銅貯蔵疾患はベトリントンテリアの遺伝性疾患です。ウエストハイランドホワイトテリア、ドーベルマンピンシャーなども蓄積することがあります。

鉄も銅も赤血球の成分です。亜鉛は免疫系等を正常にします。良質なドッグフードは問題ありませんが質の悪いフードは亜鉛欠乏症になることがあります。シベリアンハスキー、マラミュートなどには亜鉛を十分吸収できない代謝性疾患のあるものもいます。

ヨードの欠乏は甲状腺疾患になります。内分泌系の疾患で最も多い病気です。セレンは筋肉や組織細胞に働きます。犬用フードには犬に必要な微量のセレンが含まれています。重金属のセレンは多いと中毒を起こすことがあります。

ページの先頭に戻る