オルトサンプル
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西6丁目63-27-101

大阪 吹田市のアイン動物病院です。夜間・緊急対応受付可、犬・猫・うさぎ・ハムスター・亀・小鳥等の身近なペットクリニックです。

動物の病気

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

消化器系の病気

口から入った食物は歯で小さく砕かれ食道へ入ります。唾液腺から出る唾液が食物と一緒になって食道から胃へ送られます。胃の入口は噴門括約筋があり食物が胃に入るのを調節し、胃からは胃液が出て消化・加工を助けます。出口には幽門括約筋があります。胆汁や膵液が小腸での消化を助け、身体に必要な物質は血液に取り込まれていきます。大腸、結腸へと続き食物は最後まで消化・加工を続け本当に不要な物質だけが排泄されます。

動物は口に入るものを何でも食べてしまうことがあります。お家の中には動物にとって危険なものがたくさんあるのでケージから出したり、犬や猫を飼っているお家では十分注意しましょう。口に入れなくても触ったり、吸入することでアレルギーや中毒を起こしたりします。動物の誤飲は飼主の責任です。

寄生虫にも注意しましょう。完全室内飼いだからと安心していませんか?胎児の時に感染していたり、飼主に引き取られるまでに感染する危険はたくさんあります。特に幼犬・若齢犬は寄生率が高くなっています。飼い始めは動物病院で健康診断を受け、適切なワクチンプログラムと駆虫処理を行いましょう。

歯茎が白くなったり、毛艶が悪くなったりした時も要注意です。

こんな症状はありませんか?ゲップや嘔吐が多くなった、食べ物を吐いたり血が混じることがある、下痢などでお尻の周りが汚れている、便秘をしている、脱水症状をおこしている、食欲不振、元気がない。こんなときは・・・消化器系の病気が疑われます!


このような病気や障害が考えられます。早めに動物病院に連れて行きましょう

胃炎 食事や誤って食べた物がほとんどの原因で胃の粘膜に炎症が起こります。
胃潰瘍 他の病気を患っていたり薬物などが原因で粘膜より奥深くまで炎症が起こります。
胃ねん転 食べすぎなども原因の一つです。胃がねじれる病気です。
腸炎 嘔吐・下痢が続きます。原因はいろいろです。
毛球症 ネコやウサギなど毛をよく舐める動物に起こります。胃などに毛が溜まる病気です。
腸ねん転 腸がねじれる病気です。
腸閉塞 異物を飲み込んで腸で詰まったりすることで起こります。
食道炎 食道に炎症を起こします。嘔吐や食欲不振など。
大腸炎 下痢や血便などが主な症状です。
出血性胃腸炎 突然嘔吐し血便性下痢が始まります。
巨大食道症 先天的に食道が大きくよく嘔吐します。
巨大結腸症 便秘をそのままにしておくと起こります。
食道痙攣 食事を飲み込むことができず食べても嘔吐します。
食中毒 腐った食事や中毒を起こすようなものを食べることで嘔吐、下痢を起こします。
寄生虫症 消化器管に回虫などが寄生することで食欲不振などを起こします。
胃や腸の異物 本来食べてはいけないものを食べることで起こります。飼主の責任です。
ページの先頭に戻る