診療時間 日・祝
10:00~12:00
17:30~21:00

【初診受付】10:00~11:00/17:30~19:00
【休診日】火曜日終日・金曜日午後
TEL:03-6380-5638

回虫症

回虫症

感染する主な動物

犬、猫

 

感染経路

糞に含まれる病原体が、手や食品に付着し口に入る

 

特徴

感染した家畜(牛、豚、鶏など)の生のレバーを食べることでも感染。有機栽培・無農薬野菜を充分に洗わずに食べることでも感染することあり。

「砂場が虫卵に汚染されている」と話題になった感染症。人の体内に侵入した回虫は成虫になれずに体内を移行し、幼虫移行虫症を引き起こす。

<動物の症状>
ほとんど不顕性感染。
幼犬に多数の成虫が寄生している場合は、腹部膨満、呼気の特異的甘臭、異嗜、元気 消失、発育不良、下痢、腹痛、嘔吐を起こす。
免疫低下状態で、食欲不振、嘔吐、下痢。

<人の症状>
[内臓移行型]幼虫が侵入する臓器により症状が異なる
[眼移行型]網膜脈絡炎、ブドウ膜炎、硝子体混濁、網膜剥離など多様
[皮膚迷入移行型]皮膚結節や移動型の発赤、発疹、掻痒感など